スポンサー
12月13日は「正月の事始め」と言われています。
 
正月の事始めとは、新しく迎える正月に
 
新しい年の神様を迎えるため
 
準備を始める最初の日とされた日
 
この日より大晦日までの31日までに
 
正月の準備を進めて行きます。

12月13日には、正月事始めの最初の行事である

 
「煤払い(すすはらい)」が行われました。

昭和初期の時代はどこの家にも

 
竈(かまど)や囲炉裏(いろり)が
 
あったことから、一年間に溜まった煤を取り除き
 
家の内外を大掃除するもので
 
煤掃き・煤納めの行事とも言われました。

煤払いを終えた後には障子や

 
襖の貼り替えなども行われていましたが、
 
現在でも正月を迎える前の年末の
 
大掃除として行われ、多くの寺院や神社などでも
 
この日に煤払いの行事が行われています。

古くは煤払いが終わったら、「松迎え」といって

 
雑煮を炊くための薪や門松に使う
 
松を山に取りに行く習慣があり、新年の年男が
 
新年の恵方の方向にある山に出かけました。

その他にも、もちつき・門松や松飾り作り

 
・鏡餅飾り・おせち料理作り・雑煮の用意などが
 
各家で作られ準備されていましたが
 
現在ではいずれも作られたものを
 
購入することが多くなっていることから
 
しかし、花柳界や芸能関係などでは
 
正月事始めの行事として残っているものです。
 
現代では正月事始めの日が
 
12月13日と忘れ去られています。
 
少し過去に戻って過去の良い風習を見習い
 
家族揃って13日~大掃除をしてみませんか
 
週末ですので、行楽は21日~の三連休にして
 
そうすればバタバタ師走を過ごさなくも
 
余裕ある時間が産まれます。。。
 
過去の先人達は、私達に多くの知恵
 
良い風習を残してくれました。
 
その風習を取り戻して開運しましょう。
 

 

スポンサー

無料プレゼント!1億円札

開運ハーリーは、みなさまへ完全無料で1億円札をプレゼントしています。ご希望の方は、下のバナーよりご請求下さい。

無料プレゼント!水晶ブレスレット

開運ハーリーは、みなさまへ完全無料で水晶ブレスレットをプレゼントしています。ご希望の方は、下のバナーよりご請求下さい。

開運ブレスレットの販売

ハーリーは開運ブレスレットを、すべてオーダーメイドで作成しています。一つとして同じブレスレットは存在しません。

お客様の声

ハーリーへ制作依頼されたお客様から、喜びの声を多数頂いています。

お客様の声はこちら

ご注文方法

ハーリーへの開運ブレスレットご注文は、下のオーダーフォームからお願いします。

ブレスレット・オーダーフォーム