スポンサー

 

http://sunhouse-kaiun.com/ame-to-fc2/img/1352788610/o0252044812284008224.jpg 
 
今日は「七難即滅日」
 
この日に祈ると災いや災難に遭いにくくなる。
 
また他人からの誹謗中傷からも守られる。
 
そして一番は、人の人命を預かっている方は
 
ご祈祷を受ける。。。
 
ハーリーもある意味、違う形で
 
皆様の幸せを預かっている。。。
 

ハーリー開運上昇ブログ

 
 
本日は、氏神様で、ご祈祷。。。

ハーリー開運上昇ブログ

 
 
本殿に、入りご祈祷
 
この奥の扉を開けて頂き特別なはからいで
 
ご祈祷を受けさせて頂きました。

ハーリー開運上昇ブログ

 
 
大黒様にもご挨拶。。。

http://sunhouse-kaiun.com/ame-to-fc2/img/1352788610/o0252044812284009433.jpg

 
 
白龍明神社様にもご挨拶。。。

http://sunhouse-kaiun.com/ame-to-fc2/img/1352788610/o0448025212284011870.jpg

 
 
今回、初めて知った氏神様の由来。。。
 

この神社の特徴は、古事記に登場する

 

二人の神様が仲良く一つの

 

境内にいらっしゃることです。

それぞれに鳥居と社殿があり

 

、一つの境内に二つの神社が存在しています。


一つは、“須佐之男尊(素戔嗚尊/スサノオノミコト)”をはじめ、 “奇稲田姫命(クシナダヒメノカミ)”、“事代主命(コトシロヌシノカミ)”、“少彦名命(スクナヒコナノカミ)”を祀っている「敷津松之宮(しきつまつのみや)」。


神功皇后が敷津浦を船で通りかかった時に、

 

松を3本植えて、須佐之男尊を祀り

 

航海の安全を祈願したので

 

松之宮と付いたと言い伝えられています。

明治時代には八坂神社や

 

木津祇園宮と呼ばれていたといいます。


二つ目は、大国主命を祀った「大国主神社」。

大きな大国さんが満面の笑みで鎮座されています。


1744年に敷津松之宮の中に

 

摂社として大国主神社が勧請されました。

大国主神社としての歴史は264年と新しいですが、

 

商売繁盛の神として

 

「東は今宮の戎さん、西は木津の大黒さん」

 

と親しまれています。


古事記によれば…大国主命は、

 

敷津松之宮の主祭神である

 

素盞嗚尊の6代後の子孫、

 

大国主命の子が事代主命

 

(戎さんと同一)とされています。

 

祭神同士が互いに血縁関係

 

というちょっと一風変わった神社です。

 

凄い神社がハーリーの氏神様でした。。。

 

少し驚き。。。

スポンサー

無料プレゼント!1億円札

開運ハーリーは、みなさまへ完全無料で1億円札をプレゼントしています。ご希望の方は、下のバナーよりご請求下さい。

無料プレゼント!水晶ブレスレット

開運ハーリーは、みなさまへ完全無料で水晶ブレスレットをプレゼントしています。ご希望の方は、下のバナーよりご請求下さい。

開運ブレスレットの販売

ハーリーは開運ブレスレットを、すべてオーダーメイドで作成しています。一つとして同じブレスレットは存在しません。

お客様の声

ハーリーへ制作依頼されたお客様から、喜びの声を多数頂いています。

お客様の声はこちら

ご注文方法

ハーリーへの開運ブレスレットご注文は、下のオーダーフォームからお願いします。

ブレスレット・オーダーフォーム